レッツ!フリーランスWebデザイナー > はじめての方へ

はじめての方へ

ブロードバンドが普及した昨今、Webサイトは生活の一部となりました。ご存じの通り、これらのWebサイトを作る職業、それがWebデザイナー(Webクリエイター)という職業です。 その中でも、どこの企業にも属さず個人で仕事をするのが、フリーランスのWebデザイナーです。

サイト内で後述しますが、通常フリーランスというのは、その業界で十分に経験をつんでからなるというのが一般的でした。つまり、優れた能力があるからこそ独立する、というイメージだったわけです。しかしことWeb業界においては、必ずしもそのようなフリーランサーだけではありません。

私のように、完全未経験からフリーランスになった人。年齢的にWeb制作会社への転職が難しく、思い切ってフリーランスになった人。主婦業をしながらでもできることに魅力を感じ、フリーランスになった人。ビジネスとして超低資本でできることに魅力を感じ、フリーランスを選んだ人。このように、様々な境遇でフリーランスという働き方を選択する人がいます。

それにしても、なぜWebデザイナーは、比較的容易にフリーランスになれるのだと思いますか?もちろんそれは偶然ではなく、きちんとしたたくさんの理由があります。

通信インフラが整ってきたこと。高性能なPCが非常に安価になったこと。どこでも仕事ができること。年齢が関係ないこと。資格が必要ないこと。人脈が必須ではないこと。ネットで集客できること。独立するための資金がほとんどかからないこと。独学でもスキルを身につけられること。

これら様々な要因の結果、フリーランスWebデザイナーになるための障壁は、他業種のフリーランスよりも圧倒的に低いのです。まさに今は、フリーランスWebデザイナーを始めるのにピッタリの時代というわけです。

しかしだからと言って、何の知識も持たずにフリーランスになるということは、無謀以外の何者でもありません。フリーランスは正真正銘のビジネスです。ビジネスのやり方を知らなければ、相当な強運でもない限り、なかなかうまくはいかないでしょう。それに、この業界特有の常識を知っておかなければ、効率的に仕事をこなすこともできません。さらには、税務の知識や簡易的な法律の知識までもがフリーランスには要求されます。

それらを全く知らずに手探り状態でフリーランスになるのは、正直なところ無謀です。……とは言え、私がそんな無謀を突き進んだ当人なのですが、当然のごとく険しい道でした。実際私は様々な痛い目を見ましたし、大失敗もしました。トラブルに巻き込まれたこともあります。お金を大損したこともあります。

しかし、そういった苦労と失敗を経験したからこそ、「ここはこうした方がいい」「こうしてはダメ」というような多くのノウハウを、身をもって学んでこられました(プラスに考えれば、いい授業料だったというわけです)。

当サイトは、私が体験して学んだことを、分かりやすく体系立ててまとめたものです。実務未経験からフリーランスになった私だからこそ書ける内容だと自負しています。当サイトを活用することで、私がやってしまった数々の苦労や失敗を繰り返す可能性は、大幅に下がるでしょう。そして、フリーランスとしての仕事の始め方を知り、上手にお仕事を進めるための味方となってくれるはずです。

あなたが遠回りをせず、フリーランスWebデザイナーになる為に、当サイトを十二分にご活用いただければ幸いです。

Webクリエイター 馬場 誠

コメント

この記事へのコメントはまだありません。